【高校物理】オススメ問題集 偏差値40アップの勉強法Vol.3 

物理

この記事では実際に私が使用した問題集をもとに、勉強法を紹介していきます。

私は実際にこの方法で偏差値を40アップさせたので、みなさんの参考になると思います。

どんなに偏差値が低い人でも、高い人でも問題集は基本的に使った方がいいと思います。

問題集を使うメリットは

  • 問題集は大学入試から引用された良問の塊
  • 1つずつステップアップできるようになっている
  • 本になっているので見直しが楽
  • 解説が丁寧なことが多い
  • 自分の理解していないところが丸わかり

ご覧のように非常にメリットが多いです。しかし良い問題集を見つけるのは大変です。

そんな時に必要なのが、実際に偏差値が上がった人の意見です。

それでは、私が実際に使った問題集を紹介しましょう。

教科書レベルの問題集

河合出版 物理のエッセンス

オススメ参考書の記事でも紹介しましたが、しっかりと問題も載っているので初めて問題集をやるという方にオススメです。

問題の難易度は非常に低いですが、重要な知識を学ぶのには十分な問題量を誇っています。

網羅性も高く全範囲を少ない問題で理解できるのも、とても優れた点です。

教科書を理解した後に、何か問題を解きたいという人には打ってつけでしょう。

解説を読みながら、解き進めるがお勧めの使い方です。

こんな人にオススメ

  • 時間が無いが物理の全(広い)範囲を勉強したい人
  • 問題集をやろうとして挫折した人
  • 教科書を何度か読んで、簡単な問題でもいいから解きたい人
  • 数学・物理アレルギーのある人

中級者レベルの問題集

教科書レベルの問題集と教科書の問題両方を解ける方向けです。

このレベルの問題集が解ければ、GMARCHレベルの入試問題を楽に解けるようになると思います。

数件出版 リードα物理基礎・物理

高校数学で最も有名な青チャートを出版している数件出版の問題集です。

教科書よりも少し難しい問題が多く含まれていて、解説も非常に丁寧です。

センターや二次の対策ができるレベルです。

難関大学を目指す方は、この問題集をしっかりとこなした上で次のステップに進みましょう。

ただし、この問題集は学校配布用なので本屋さんで購入できません。どうしても欲しい方は、アマゾンやメルカリを利用して手に入れましょう。

こんな人にオススメ

  • 学校の指定問題集として授業で使っている人
  • 学校の先生がこの問題集を持っていて、質問が簡単にできる人
  • じっくり時間をかけて物理を勉強する人
  • センター試験の対策がしたい人

河合出版 良問の風

最も売れている物理問題集の1つです。

河合塾の講師が解説を担当しているため、先ほど紹介したリードαよりもわかりやすい解説が特徴です。

この問題集をやればGMARCH程度の物理の問題であればこの一冊で十分です。

理科大や早慶異常を目指す場合は、この問題集を終わらせてからさらにレベルの高い問題集をマスターしましょう。

大学に入った後もこの問題集のお世話になる人もいるくらい、しっかりと基礎固めができる問題集となっています。

こんな人にオススメ

  • GMARCHレベルの大学を受験する人
  • 定期テスト対策
  • 早慶以上のレベルを受験する人の基礎固め用
  • センター試験の対策がしたい人

上級者レベルの問題集

上級者レベルとなると、センター試験で8割くらいは安定して取れることが条件となります。

そのレベルになるまで、上で紹介した問題集を完璧に仕上げましょう。

さてさて、そんな簡単な問題集もう終わったよという方は、これから紹介する問題集をゴリゴリ進めていきましょう。

まず1つ目は

数件出版 実践 物理重要問題集ー物理基礎・物理

この問題集は、学校で配られる上級者向け問題集No.1

この問題集の特徴は、その豊富な問題量と問題の質です。

この問題集がしっかりとできれば、どのような大学にも合格することができると思います。

この問題集の欠点は解説が乏しい点です。

しっかりとした解説がついているのですが、問題のレベルが高いので万全の基礎力を持ってないと理解するのに苦労します。

さらに詳しい解説があった方が良いと思う方は、この後に紹介する問題集を検討してみてください。

こんな人にオススメ

  • しっかりとした基礎を持っている人
  • 理解力に自信のある人
  • 学校で配られた問題集を使いたい人
  • 難関大学の入試問題を解きたい人

河合出版 名門の森

私が最もお世話になった問題集と言っても過言ではありません。

この記事の中で最もオススメしたい問題集です。

この問題集の特徴は、豊富な問題量、問題の高い質、圧倒的に丁寧な解説です。

塾や予備校に通っている人でも、その丁寧な解説欲しさにこの問題集を解く人が多いです。

この問題集を完璧にして、東工大などの難関大学に合格した人を何人も知っています。

どんな大学の対策であろうと、この問題集で対応できるでしょう。

こんな人にオススメ

  • 丁寧な解説が欲しい人
  • 難関大学の入試問題が解きたい人
  • 難関大学に合格したい人

ニュートンプレス 難問題の傾向とその解き方物理

この問題集はくせものとして有名です。

問題の難易度は最上級ですが、解答解説はあまり丁寧ではありません。

私も理解するのに少し時間がかかりました。

周りに非常に物理が得意な人がいれば、この問題集に取り組むのもアリかなと思います。

しかし物理が少しでも苦手だという方は、控えた方がいいのかなと思います。

こんな人にオススメ

  • 難関大の難問でも解けるようになりたい人
  • 丁寧な解説がなくても、難問が解ける自信のある人
  • 周りに物理が圧倒的に得意な人がいる人
  • 難関大の入試で物理の高得点を出したい人

駿台文庫 新・物理入門問題演習

この問題集はその難しさから、あまりにも知名度が低いです。

しかし、その本質を学ぶという傾向から一部の猛者たちが使用しています。

一部の問題には、解答例の答案がついており、実際の試験でどのような説明をすればいいのか、という細かい部分まで書かれている数少ない問題集です。

この問題集を使っている人を一人だけ知っていますが、その方はとある有名国立大学でも優秀な成績を納めており、入試の成績も異次元と呼べるレベルでした。

もしも受験勉強に飽きてしまい、もっと難しい問題を解きたいという方は、やってみてもいいのではないかと思います。

あまりオススメはできませんが…

こんな人にオススメ

  • 難関大学の入試問題を一通り解ける人
  • 大学受験の入試科目で他の科目にも自信があって余裕がある人
  • じっくり問題を考える時間のある人

最後に

実際に私が使ったことのある問題集を解説してみました。

この中で私がメインで使った問題集は、「物理のエッセンス」、「良問の風」、「リードα物理基礎・物理」、「名門の森」の4つです。それ以外は塾の先生などと相談しながら、掻い摘んで解きました。

みなさんのレベルや理解力によって会う参考書や問題集は変わってきます。

みなさんも今回のアドバイスをもとにしっかり吟味してから決めましょう。

受験勉強頑張ってください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました
Close Bitnami banner
Bitnami