化学のオススメ参考書・問題集 -これで偏差値60になれます-

化学

この記事を読むメリットは次の通りです。

  • 私が実際に偏差値60クラスになるまでに使った参考書・問題集がわかる
  • どの順番で参考書・問題集を使えばいいかわかる
  • 偏差値40前後の方にもオススメできる
  • 実際に私が行った参考書の使用方法も知れる

今回は偏差値順にお送りします。

偏差値40前後の方向け参考書問題集

偏差値が40しかない状態だと、通常の問題集では難しすぎて歯が立ちません。

そこで、最も簡単なレベルから始めるべきなのです。

そんな参考書・問題集はこちら

鎌田の化学基礎をはじめからていねいに

東進ブックスが誇る最も売れているシリーズから化学基礎の参考書をお勧めさせていただきました。

具体的な勉強法は、「とにかくしっかり何度も読むです。」

どこにどんな内容が書いてあるか全て思い出せるくらいになれば、パーフェクトと呼べるでしょう。

表紙にも書いてあるように、3日程度で読み終わるレベルの内容なので、慣れてくれば1日程度で読み切る事が出来るようになるでしょう。

ここで学んだ事が基礎となるので、手を抜かずにキチンとこなしましょう。

宇宙一わかりやすい高校化学シリーズ

高校化学の参考書の中で最も優しいのがこれだと思います。

しかしあまりに内容が薄いので、本当に苦手すぎてどうしても他の参考書だと息が詰まるという方だけ購入をオススメします。

しかし学研から出版されている参考書なので、一応信頼ができる内容にはなっています。

これで化学アレルギーを直してから、もう一度他の参考書でおさらいをするようにしましょう。

化学レベル別問題集1基礎編

化学の問題集の中でも相当簡単な問題集になっています。

基礎的な計算問題が多くて、非常にとっつきやすい問題集です。

この問題集の問題が全て解けるようになれば、次のステップに進めるでしょう。

間違えた問題は何ども解き直すようにしてください。

シグマ基本問題集 化学基礎

この問題集は簡単な問題を単元事に解く事ができる問題集になっています。

無理のない問題集と言えるでしょう。

先ほどの問題集と同じように、全ての問題が解けるようになるまで何度も解くようにしてください。

偏差値50前後の方向けの参考書・問題集

偏差値50前後の方は基本的な計算問題は解けるが、少し応用されると解けなくなるレベルです。

しかし難関大学にいきたいのであれば、なんとしてもここを乗り越えなければいけません。

ここが踏ん張り時です。

化学の計算

化学の計算問題をたくさん詰め込んだ問題集です。

非常にためになる良問揃いになっているので、何度も解く価値があると思います。

化学は計算問題をどれだけ解けるかが、偏差値を上げるための重要な点です。

これをやれば相当力がつくので、踏ん張り時ですよ。

理解しやすい化学

基礎レベルを完全に網羅した参考書です。

化学アレルギーを克服した人からすれば、簡単に理解できる内容になっています。

網羅系参考書としてはしっかり出来ているので、時間をかけて読んでいきましょう。

時間がかかることだけはご容赦を。

よくわかる化学基礎+化学

「理解しやすい化学」よりも簡単な内容になっています。

もしも上で紹介した「理解しやすい化学」でつまづいてしまった人は、まずこの参考書を読む事が大切になると思います。

この参考書も網羅系参考書なのでじっくり時間をかけて読んでいきましょう。

照井式シリーズ

照井式は理論化学、無機化学、有機化学の3分野に分かれている参考書です。

最近は問題集も売られているので、チェックしてみるといいと思います。

解法カードと書かれている通り、解法をしっかりと暗記できる参考書です。

売れている理由は暗記しやすい設計になっているところです。

この解法カードは暗記にぴったりなので、しっかりと暗記してください。

網羅系参考書ではないので、暗記にはあまり時間がかからないと思います。

偏差値60前後の方向けの参考書・問題集

偏差値60ともなると、化学アレルギーはしっかりと拭い去っておりしっかりと受験を戦えるようになっています。

少し難しめの参考書や問題集を紹介していきますので、覚悟してください。

化学の重要問題集

最も使われている問題集の1つと言えるでしょう。

私も相当お世話になりました。

簡単なA問題と少し難しいB問題の2種類があるので、自信のない方はA問題からチャレンジすることをオススメします。

化学の新研究

言わずと知れた有名参考書です。

化学の辞書とも言われていますが、わからない所を辞書で引くように使ってください。

間違っても一から最後のページまで全部覚えようとしないでください。

物理も勉強している人は、新物理入門と同じような使い方で構いません。

物理の参考書の記事はこちら

化学の新演習

先ほどオススメした参考書の問題集バージョンです。

難しい問題がたっぷり入っているので、時間がかかる問題集だと思います。

しかしこの問題がしっかり解ければ、向かうところ敵なしです。

問題のレベルを考えながら、少しずつ解いていきましょう。

最後に

参考書や問題集はあなたのレベルに応じて変わっていきます。

しっかりと考えてから購入しましょう。

このサイトがあなたの学習の助けになることを祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
Close Bitnami banner
Bitnami